味噌は本物がおすすめ!酵母が生きてる味噌はスーパーにはない!? 


極味噌

本物の味噌がおすすめなのは、体によい発酵食品で毎日食べるものだから。

発酵食品は腸内環境を整えてくれるんですね。

腸の健康=体が健康、というくらい腸内環境は大事ですから。

味噌汁のように毎日食べて飽きない素材は本物にしておくと”継続は力なり”で健康効果は大きいけど簡単!

そんな味噌の発酵食品の力を最大限に生かすには、

良い原料で天然醸造、無添加、生味噌の条件を満たしていること。

ここでは、生きてる味噌の見分け方と、味噌のおすすめで本物をご紹介します。

 

本物の味噌とは?天然醸造で無添加の生味噌!

スーパーに置いてある普通の味噌は3ヶ月ほどで人工的に熟成させて作られていますが、天然醸造の味噌は約1年かけて自然に発酵塾成しています。

スーパーの味噌は天然醸造の味噌で無添加でも出荷の前に加熱や酒精で発酵を止めているんですね

だから、酵母が生きてる味噌はスーパーにはおいていません。

常温では発酵が進むので管理に困るから生みそはほぼ置いていないのです。

例外的に空気穴を開けた袋やパックの味噌がある場合は酵母が生きていて冷蔵で置かれています。

家庭の冷蔵庫では味噌は冷凍になりませんからお取り寄せし、使うのは冷蔵保存、あとは冷凍しておくと便利です。
おいしくて体にいい生みそは天然醸造で酵母が生きてる味噌のこと!無添加だけでは片手落ちですよ。

※スーパーにある味噌は
人工的に3か月程度で人口的に熟成させた味噌が主で、

無添加の味噌、酒精のみ添加の味噌、添加物も含まれている味噌がほとんどです。

天然醸造で無添加でも加熱や酒精で発酵は止めていています。

しかし、発酵を止めていても全く発酵食品としての価値がないわけではありません。

ですが発酵食品としても最大の効果を得ようとするなら、天然醸造の無添加で生みそです!

加えて、原料の米や大豆が無農薬、無肥料の自然栽培が最高、次が有機栽培や減農薬です。

塩も海水から作る自然塩で天日干しが最高で、次は海水からつくる自然塩で人口的な処理をしていない再製塩であることです。

味噌を選ぶ時は原料のところをしっかり見てくださいね。

 

味噌汁は毎日の定番だから本物の生味噌にすると健康効果が大きい!

 

お味噌汁の味噌は最上級のものを使うと、

  • 無農薬のお米を玄米か3分搗き米~5分搗き米のご飯を炊く
  • 最上級の生みそを使ったお味噌汁を作る
  • 納豆
  • 根菜や野菜の煮物やおひたし

基本はこれであとは常備菜の糠漬けや梅干しなどを少々、時には、カレー、ちらしずし、おでん、巻きずし、てんぷら、などにする程度でわたしは健康に暮らせています。

主食と調味料を最上級にしておく、野菜中心で旬のものを食べる、これで十分美味しい生活ができます。

果物も常備食にする、お菓子は極力控えめに、も大事です。

お味噌は無添加であるだけではもの足りないです。

選ばれた国産原料で天然醸造の生みそ、無添加で塩も再製塩ではなく、天日干しの塩を使ったものですね。

毎日だから、せっかく良い原料でよい作り方なら塩までこだわってほしいですよね?

 

本物の味噌でおすすめの”天然醸造で無添加の生味噌”

調味料の中でも味噌がいちばん種類が多く、好みも分かれると思います。

たくさん試して悪くはないけどリピートよりは他のを試したい!というレベルは多いんですね。

その中でリピートしている味噌をご紹介します。

当たり外れが少ないだろうなと思うのは、満田屋の極味噌おたまやの紅こうじ味噌です。

名刀味噌は玄米で塩分が少ないと感じるので、塩分控えめが必要な方や赤だしが好きな方にいいと思います。

 

満田屋の極味噌は酵母が生きてる+ミネラル豊富な天日干しの塩!

満田屋の極味噌をお取り寄せするのは本物の味噌はスーパーにはないからです。

無添加+質のいい再製塩のお味噌はあっても、

酵母の生きてる生みそ+無添加+天日干しの海塩のお味噌は少ないです。

天日干しの海塩は、人が生命維持に必要なミネラルを自然なバランスで含んでいます。

日本は軟水でミネラルの少ない水だから、日本の海水を天日干しした塩で作られたお味噌がいいのです。

水からミネラルは摂れないので海水から摂るということ。

この自然な質の良い塩はミネラルをバランスよく含んでいるからこそ減塩してはいけないのです。

精製塩は塩化ナトリウムだけなので減塩する必要があるし、多くの加工食品は安いので質の悪い原塩か精製塩か精製塩に近い再製塩で作られています。

だから加工食品は無添加だけでなく、原料も塩も調べないと片手落ちなのですね?

 

 

わたしは以前から満田屋の甘糀みそを食べていました。

きっかけは浜美枝さん(元女優さんで農業や田舎暮らし、本物の食べ物などに詳しい)が大好きとのことだったので。初めはお取り寄せしていたのですが、その後近くのイカリスーパーでも買えるようになりました。白みそと田舎味噌の中間くらいのお味噌でした。白みそも田舎味噌も赤出汁も好きですが、毎日ならやや甘めの田舎味噌が好きなのです。

満田屋の甘麹みそは完全な無添加ではなく、酒精で発酵を止めていました。その後、生みそを知り発酵食品の効果をそのまま持っていて塩も本物の天日干しの海塩を使ったものにしたいと思ったのです。

理由は、減塩を気にせず、必要なミネラルバランスの良い塩にしたいので満田屋の極味噌にしました。

塩は精製塩でも再製塩でもない、国産の天日干しの塩にこだわっているので、お味噌の原料も天日干しの塩にこだわったお味噌でないと片手落ちだから。

満田屋の極味噌は原材料の米、大豆、塩もよく、天然醸造で生みそであって、味もすきなのでまとめ買いして冷凍しておくのがいいのですがまずは、極味噌を味見してみたいのでこちらを注文しました。

 

※平たくして薄い箱に入って送られてきました。

単価の小さいものは送料が気になりますからがんばって工夫してくださりありがたいと思いました。

配達の方もポスト投函なのにチャイムを鳴らし、『なくなったらいけないと思って』と手渡ししてくださったのです。うれしい気づかいでした。⇒でも、タッパに移しにくかったです。

極味噌も今まで食べていた甘糀みそと同じで美味しかったし塩加減は普通に感じました。

最近使っていたのが玄米味噌で塩が薄めだったので舌の感じ方がこれとの比較になるのですね。

これからもお味噌は数種をそろえて違いも楽しみたいです。

送料無料:500gで1000円。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【クーポン利用で15%OFF】 無添加 生みそ 700g袋入 お試し 送料無料 …
価格:1000円(税込、送料無料) (2022/11/29時点)

 

極味噌800g入りカップ&1kg入り袋から選ぶ

次は800gx2個のカップ入りを買いたいです。カップ入りだと移し替えしなくていいので楽。
価格は1kgx2袋の方がかなりお得。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

\クーポン利用で20%OFF/【送料無料】極みそ 2個 蔵元直送 無添加 米みそ…
価格:3070円(税込、送料無料) (2021/6/5時点)

楽天で購入

 


奥会津只見 目黒麹店

 

名刀味噌本舗は玄米麹のお味噌で塩を感じないけどコクがある

名刀味噌

今まで食べた味噌の中でいちばんコクがあって塩を感じないです。

見た目は赤みそに近いです。味は田舎味噌と赤みその中間的で田舎味噌寄りです。

田舎味噌よりは赤みそに近いので具に合う合わないは多少感じます。

わたしの感じですが、芋煮風や豚汁には合わないと思います。

塩はケースに、塩(沖縄県産)の表示です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

合わせ麹味噌 (800g) 【名刀味噌本舗】
価格:972円(税込、送料別) (2022/11/29時点)


きらら自然食品・マクロビ通販

 

このお味噌もおいしいのですが色も味も濃いめなので、白みそ風に近いタイプといろいろ変化も欲しいです。

 

紅こうじ味噌(つぶ)は塩分少なく出汁なしでもおいしい

原材料は、米こうじ、大豆(遺伝子組み換えでない)、食塩、紅麹

このお味噌も塩分は控えめに感じるし、おいしいです。

つぶなので味噌こしは必要です、信州みそタイプに近いです。

白みそも好き、信州みそも好きなわたしにはちょうどいいです。

味噌汁の具もなんでも合います。

豚汁や芋煮などから毎日のお味噌汁なんでも合います。

新しいお味噌を買ったら一度は出汁なしで味見しますが、出汁なしでもいけるくらいです。

羅臼こんぶと本枯節の花かつおを基本にするわたしですが、紅麹味噌は昆布だしだけで十分です。

冷凍庫で保存できるので数個まとめ買いもできます。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

紅麹味噌(900g発酵袋)
価格:1296円(税込、送料別) (2022/11/30時点)

 

わたしは紅麹味噌一つだけでは送料がかかるので、甘酒や酒粕もいっしょに買います。

味噌も他の種類もおいしそうなのがたくさんあります。

発酵菓子も食べてみたいと思います。

\他も見てみる/ 
おたまや楽天市場店

 

紅こうじ味噌もリピートしたいけれど他のおたまやのお味噌も試したいです。

 

土井善治さんの一汁一菜でよいという提案。気が楽になった…

そもそも、毎日献立に悩むのは家庭の食卓に向き合う姿勢が間違い!なのだそう。

健康維持できる食べ物があって、お腹が空いてから食べればおいしい!はず。

それよりも、

  • 白米でいいのか?
  • 煮物に砂糖をいっぱい入れていいのか?
  • うま味だけに気を取られ調味料を選んでいいのか?
  • サラダ油なんて安いけれどトランス脂肪酸処理していいのか?
  • 出汁は本物にしよう!

などにこだわるべきです。

テレビでも、旨味の濃そうな体に悪そうな料理をうまい!と言ってばかり…

お米とお味噌を健康に良くて美味しいものが選べていたら毎日の食事がおいしくてシンプルにできるので楽♪です。毎日のごはんは当たり前のように似たような献立に少しだけ変化すればいいと納得。

たまには楽しんで変わった料理をしてもいいし、外食を楽しんでもいいですしね?

土井善晴さんの『一汁一菜でよいという提案』は目からウロコでした。

一汁一菜でよいという提案 [ 土井善晴 ]

 

もともとよい食材で質素に食べることが好きなわたしの考えは間違ってなかったということもうれしかったし、偏食ですが健康に生きてこられたことも自信になりました。

あらゆるものをまんべんなく食べるなんていやですし、好きなモノだけ食べていたい偏食大好きですから。

私の場合はベジタリアンに近いので偏食でいけるのですが。野菜嫌い、お肉大好きの場合はそのまま偏食を貫くのはおすすめしません。

野菜中心の生活って、家やキッチンに臭いがないのです。体臭もほぼないと思います。

極みそ 500g袋入 お試しは、【送料無料】蔵元直送、無添加の米みそで国産。
長期熟成十八割麹で天日塩使用 甘口

信州みそタイプの標準⇒奥会津只見 目黒麹店

塩分薄くコクがある⇒合わせ麹味噌 (800g) 【名刀味噌本舗】

出汁なしでもおいしい⇒紅麹味噌(1kg)

お味噌は本物の生みそで塩も天日干しの海塩で、味はいろいろあるので数個試し好みを見つけるのがいいと思います。私は原料にこだわった天然醸造で生みその、玄米味噌、麦みそ、米味噌、など数種常備しています。

尚、麦みその場合ははだか麦であり味噌になっている状態でグルテンはないとのこと。

お味噌は調味料の中で最も好みが分かれると思うんですね。

なのでいろいろ試しあなたのお気に入りをみつけてくださいね。