当サイトはプロモーションが含まれています。


塩麹はどこに売ってる? 無添加塩麹のおすすめは?


塩麹

 

塩麹とは塩に麹と水を混ぜ発酵させた調味料。

なので発酵によって塩にうまみや甘みなどが加わったおいしい和風の塩ドレッシングみたいなもの。

見た目も塩とドレッシングの間ですしね。

野菜や肉を炒める時に塩として使ってもいいし、糠漬けみたいに漬け床としても利用できます。

塩麹は最初から手作りをするよりも市販を購入し使ってみて味や濃さを知ってからの方がいいです。

先に本物の味を知っておいた方が美味しい塩麹がつくれますからね。

わたしは手作りはしません。

無添加で質の良い塩麹を購入する方が簡単ですから。

 

塩麹はどこに売ってる?無添加であるべき理由

塩麹は冷蔵商品を置いているところに置いています。

わたしの近くのスーパーでは無添加の塩麹は置いていないのでネットで購入しています。

塩麹はあるのですが原料の蘭を見ると添加物が使われているのでいつも手にとっては戻していました。

塩麹に使われる添加物は、酒精やビタミンCが多く、原料が輸入米や砂糖が入っているのも避けます。

調味料は無添加で本物しか使わないというのは私のこだわりです。

その理由は調味料は本物にしても手間は変わらず美味しい料理になるからです。

調味料は毎日使うのでその影響はチリツモ効果になりますから無視はできません。

無添加の調味料は価格は割高になりますが、そのものを飲んだり食べたりはしないので家計にもそれほどひびきません。

食べ物全部を無添加にするのは手間も価格もかかり過ぎてできないですからね。

なので私は、主食と調味料は無添加で、その他はできる範囲でというスタンスです。

 

塩麹の無添加でおすすめは?

無添加の塩麹をご紹介しています。

最高級の国産天日塩使用は1点のみ。

あとの4点は再製塩使用で評価もあまり変わりません。

私の判断基準は、再製塩でも人工的な処理をしていない方法は可としています。

味はひとそれぞれ好みが違いますので楽天の総合評価順に4位から1位の順でご紹介します。

但し、無添加の塩麹もそうでない塩麹も評価はあまり差がないです。

塩麹の塩は再製塩使用でもイオン膜などの人工的な加工をしてないこと。

無添加なら良いと判断しました。

 

玄米麹使用で国産天日塩の ”海の精” 使用

名称:海の精の有機塩麹

原料で判断すると、有機栽培の国産玄米使用&塩は”海の精”使用で最高級の塩麹です。

塩麹も塩だから最高の原料が使われているってありがたいですが高いでが仕方ないですね。

原料は玄米も塩もこだわっているのですから

総合評価 4.67

170g:745円。送料750円。

6個まとめるか、他とまとめ買いして送料無料にしたいですね。

わたしは”お手間とらせず酢X3”と”塩麹X2”をまとめ買いし送料無料にして購入しました。

 

\その他の商品も見る /
にっぽん津々浦々

 

有機JAS指定の米と赤穂の天塩使用。

商品名:味噌星六

赤穂の塩は再製塩、ナトリウムが少ないことが特徴

総合評価:4.18

送料込みで150g:540円。
(100g:360円)

 

岐阜県産のお米の米麹に天然ミネラル塩

ブランド名:ちこり村 / サラダコスモ

岐阜県産のお米とモンゴルの天日塩使用。

湖塩(モンゴルの天日塩)は塩分が少ないのが特徴。

総合評価:4.66
送料込みで600g:1,380円。
(100g:230円)

 

国産米とクリスタル岩塩の塩麹

商品名:クリスタル塩糀

総合評価:4.89
送料込みで300g:1,000円。
(100g:334円)

国産のお米とクリスタル岩塩を使用。

※岩塩はかんたんにいうと海水が長い年月を経て化石になったようなもの。クリスタル岩塩(クリスタルソルト)は、「海水を自然乾燥させ結晶化させたもの」です。

そのため、海水自体のミネラル分を多く含む特徴があり、その結果は岩塩よりも優しいしょっぱさです。

 

 

塩麹のまとめ

ご紹介の単位で塩麹を購入した場合の価格比較になっています。

塩麹は塩の調味料なので、塩をどれだけ良いものを使うかが大事です。

塩の最高級は国産の天日塩ですが、塩麹では高価すぎて使われているのは少ないです。

無添加の塩麹は、外国の天日塩を日本の海水で加工した再製塩が主流です。

イオン膜などの人工的な処理をしていないので良いと判断しました。

原料は塩と麹と水で、添加物が使われていないという点ではほぼ同じなので価格で決めるか、好みの味にするかです。

無添加の塩麹では、価格は100gで250円前後が多く、高いのは350円前後ですね。

原料も添加物もこだわらない塩麹は、100gが150円前後です。

わたしは、原料と価格を考慮して、海の精を使いますが、その他は大差ないので、ミネラルの多いクリスタル岩塩の塩麹にしたいです。