オートミールの選び方は?無農薬栽培で無添加がおすすめ!

オートミール

オートミールは、燕麦(エンバク)を脱穀して調理しやすく加工したものです。
(オートミール、オーツ麦、えんばく、同じものでイネ科の植物なんです。)

オートミールは白米や食パンに比べても健康に大切なたんぱく質、脂質、鉄分を多く含みます。
また食物繊維も多く整腸作用整もあるので注目されていますね?

オートミールは食生活の習慣で欧米から入ってきた優れモノNO.1だと思います。
炭水化物の中でも玄米、分搗き米、蕎麦、燕麦が健康にはおすすめです。

小麦は小麦アレルギー体質でなくても消化されにくく気づいていなくても害は蓄積されているのです。

ここではオートミールの質の良い商品をご紹介します。

 

①アメリカ産のオートミール。無農薬、無添加で楽天人気NO.1

アメリカオーガニック認定機関OTCO認定を取得

楽天で人気ナンバーワンなのは、ポピュラーな製品であり低価格だからですね。

蒸してからローラーで伸ばし乾燥しています。

シンプルな味付けなしを買えばお米に混ぜたりつぶしてホットケーキやおかゆにとアレンジが効きます。

大きい粒の方が粉よりも劣化はゆっくりなのもポイント。
保管は冷蔵庫がおすすめ、お米や乾物と同じ扱いです。

その他の商品もご覧になりたい方は
無農薬栽培食品 スローフーズ

 

②ニチガのオートミール。アメリカ原料で国内製造。

原材料:オーツ麦(えん麦) アメリカ、オーストラリア、フィンランド
製造は:国内
少量試してみたい場合にいいですね。

添加物・保存料・着色料を一切使用せずに国内工場で日本人の好みに合うように加工されています。
オーツ麦の皮をむき蒸してローラーでつぶしています。

その他の商品もご覧になりたい方は、
NICHIGA(楽天市場店)

 

③日食 ロールドオーツ。原料も製造も国産

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

《送料無料》日本食品製造 日食 ロールドオーツ(北海道産) 350g × 3個
価格:2840円(税込、送料別) (2020/9/19時点)

楽天で購入

 

国産原料のオートミールを製造しているのは日食のみ。
消化しやすいように、薄く圧偏し、焙焼されています。

価格は一番高いですが、原料から国産なのは質も鮮度も安心ですね。
缶入りなので使いかけの缶以外は常温保存でいいのも扱いやすいです。

その他の商品もご覧になりたい方は、
にっぽん津々浦々

オートミールを食事に取り入れる習慣は健康効果が高い!

オートミールは食物繊維、鉄分、ビタミンB1が豊富に含まれており、栄養バランスに優れた食品です。

欧米では古くからオートミールは食べられていましたが日本では家畜の飼料でした。
わたしがえん麦(オーツ麦)が人間が食べられると知ったのは自然食を知ってからです。

田舎ではお米の田んぼや畑にえん麦(オーツ麦)は生えていましたが雑草扱いで抜いていましたね。
牛を飼っている家では飼料として栽培している畑もありましたが。

今は田舎でも燕麦(えんばく)は見かけません。
そのかわりに外来種の雑草が多くなっているのが残念です。

オートミールは炭水化物の中でも栄養価が高い優れた健康食品

オートミールの朝食

主食にできる炭水化物はいろいろありますね。
玄米、分搗き米、白米、小麦、はだか麦、えんばく(オートミール)など。
小麦製品では、パン、パスタ、うどん、ラーメン、そうめんなど。

その中で、玄米、5分搗き米や3分搗き米、はだか麦、えんばく(オーツ麦、オートミール)などが栄養価も高く繊維質も多く健康によいことは知られていますね?

しかもこれらは味付けなしで食べることができるので料理しても添加物が入っていません。
パンには砂糖や油脂(トランス脂肪酸)イーストなど添加物が入っていますね。

現代の食生活習慣に添加物なしは無理ですができるところは減らしたいものです。
主食で添加物を減らせることは大きいのです。
毎日だからその積み重ねは、チリも積もれば山となる、からです。

なのでオートミールをじょうずに食事に取り入れたいですよね。

オートミールはプレーンを使い慣れるのがおすすめ!

えん麦入りクッキー

  • スープ風やおかゆタイプは健康的で時短朝ごはん
    牛乳、豆乳、スープ、水、などを加え、ナッツやドライフルーツをのせればシリアル朝ごはん
  • クッキーの材料やパンの生地に混ぜてオートミールブレッドに
    ホットケーキミックスに砕いたオートミールを加えるのもおいしいです。
  • ハンバーグのつなぎ、クリームスープなどに混ぜて野菜嫌いの子供のための食物繊維強化に

オートミールのアレンジはほんとにたくさんありますね。
わたしは豆乳にオートミールを入れ少し煮てナッツやドライフルーツをトッピングするのが好きです。

オートミール(オーツ麦)は、アレルギー症改善にも効果!

オートミールは、アレルギー症改善、便秘、糖尿病対策、ダイエット効果にも重宝する穀物です。

わたしはアレルギー性花粉症があるので小麦製品のグルテンを極力摂らないことで肌荒れが消えました。
小麦のグルテンは分解も消化もされづらいのです。

小麦粉、小麦のパン、うどん、パスタ、ラーメンを極力食べないことで花粉症が改善できたのです。
それに、乳製品のカゼイン、加工食品やお菓子に多い添加物もできるかぎり減らしました。

なので正確には、小麦製品、乳製品、添加物を大幅に減らしたのです。

ですが、たまにはパンとかホットケーキも食べたいと思っていました。
そんな時、そば粉、米粉、オートミールを小麦粉の代用に使うことで新しい楽しみが増えたのです。

グルテン、カゼイン、添加物を極力減らすことを考えるとパンと袋入りお菓子はほぼ全滅なんですね。

この三つが入っていないお菓子はスーパーには300種あっても3っつくらいしかないのです。
米粉のお菓子はグルテンもカゼインも入っていなくても添加物が入っています。

例えばイモケンピなら、原材料がイモ、砂糖、植物油となりOKかな?と思ったのですが植物油にはほぼトランス脂肪酸が入っていて添加物なのですね。

植物油とか植物油脂表記でなく、コメ油とかオリーブ油とかの表記ならOKです。
砂糖は摂り過ぎはダメですが少量ならOKということです。

オーツ麦は、精白してしないので繊維質が多い、栄養価も高い、グルテンフリー、これが価値。

つまり、オート麦を小麦の代用にしたり、小麦を減らした分オート麦をプラスすればアレルギー症改善にも役立つし、健康効果も高まるわけです。

 

おわりに

えん麦

えん麦は見た目も麦より稲に似ていますね?

だからイネ科に属しているし、日本人には小麦よりもイネ科の方がグルテンフリーで体質に合うのです。
なので主食は玄米や分搗き米、オート麦製品がよいのです。
オートミールも玄米と同様に殻をむいていても精白はしていない自然食品です。

オートミールは食物繊維、鉄分、ビタミンB1が豊富に含まれており、栄養バランスの優れた食品です。
現代人の食事は繊維不足、野菜不足の傾向にありますからオーミールを常食したいものです。

オートミールは主食からおやつまで作れるので重宝する健康食材なんですね。

 

今回ご紹介したオートミールはすべて無農薬栽培で無添加です。

①アメリカ製造のプレミアオートミールプレミアオートミール

②欧米原料で日本製造のニチガのオートミール⇒ ニチガのオートミール

③原料から生産まで国産の日食のロールドオーツ⇒ 日食ロールドオーツ

上記の3銘柄ともシンプルは基本のタイプですのでアレンジはいろいろできます。

おかゆからグラノーラまでできるし、原材料としてハンバーグのつなぎやサラダまで可。
お米に混ぜてごはんにしてもいいです。

※オート製品は、すべて調理時間を短縮するための半製品です。
必ず最終加熱が必要でそのままでは食べないでくださいね。

玄米のようにもみ殻をとった状態で、蒸したり焙焼したりしています。
つまり玄米に似ていて、白米のように精米はしていないので繊維も多く栄養価が高いのです。

あなたがおいしいと思う料理方法が見つかると健康にいいし楽しみが増えますよ。

タイトルとURLをコピーしました