米粉カレールウは胃に軽く体に優しい!アレルギー症の方にもおすすめ。

野菜カレー

カレーはたいていの人が好きですね?

カレーライスは栄養価も高く食欲がなくても食べられるメニューで重宝しますね。しかも作り方もかんたんで学生さんも男性も作りやすいです。

ですが一般的なカレールウは劣化した油脂や添加物満載なのが実態です。

よく調べてカレールウを選べば栄養価も高いバランスの取れたメニューにできるのがカレーライスなのです。

今回ご紹介するのは米粉カレーで植物性の原料のみのカレールウです。

小麦のグルテン、乳製品のカゼインもないので体に軽くおすすめです。

アレルギー症の方にはとてもいいですよ。

 

プレマシャンティ 我が家のカレーのもと(甘口)は米粉カレーで自然なおいしさ!

プレマシャンティ 我が家のカレーのもとは、酵母のうま味調味料も使わない自然な味が貴重なカレールウです。

しかも米粉なので体に軽い!のがうれしい。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

プレマシャンティ 我が家のカレーのもと(甘口) 135g
価格:539円(税込、送料別) (2020/10/29時点)

楽天で購入

 

スパイス控えめのカレールーなのでショウガやウスターソースなど加えて我が家の味にできます。

わたしは甘辛が好きなのでこれに辛口のルウやショウガなどを加えます。

野菜を炒める時に、赤トウガラシをちぎって炒め煮る時には取り出して捨てたりも。

スパイスがきいているけれど、あと口が優しい甘口カレーなのでアレンジ自由です。

化学調味料や合成保存料不使用、酵母エキスを含むうまみ調味料も一切使用していません。

後味もすっきりのありそうで少ない貴重なカレールウです。

■内容量:135g
■原材料:植物性油脂(パーム油※1、有機べに花油)、米粉、砂糖(粗製糖)、カレー粉、食塩、馬鈴薯澱粉、玉ねぎ、パイナップル果汁、野菜ペースト(玉葱、人参、セロリ、長ネギ、トマト、マッシュルーム、椎茸)、粉末トマト、ニンニク、りんご果汁、しょうが、フルーツペースト(砂糖、マンゴー、パイナップル、パパイヤ)、有機ココアパウダー

 

サンスマイルの無肥料自然栽培のお米で作ったカレールウ

米粉カレールウ

材料の米粉は無肥料自然栽培です。

こちらも酵母エキスなどのうま味調味料さえも使っていない、ナチュラルな作り方のカレールウです。

内容量:150g

原材料:植物油脂(パーム油、べに花油)、米粉、カレー粉、砂糖、食塩、粉末野菜(オニオン、トマト、ガーリック、ジンジャー)、馬鈴薯澱粉、果汁(パイナップル、りんご、マンゴー、パパイヤ)、野菜エキス、有機ココア(原料の一部に大豆を含む)

 

※わたしの感想:さすが無肥料自然栽培の味、クセがなく甘くも辛くもないんですね。

袋にも公式サイトにも甘いとも辛いとも書かれていません。

シンプルで淡泊なカレールウベースという感じこれだけではもの足りないです。

無農薬無肥料で育てたお米も野菜も有機農法に比べると淡泊なんですね。

現代人は濃い味に慣れ過ぎていると思いますが、実は健康には無肥料無農薬がいいのです。

わたしは中辛で甘みもあるのが好きなので、これに辛いカレーパウダーとバナナやリンゴを加え甘辛にしています。ニンニクやショウガも効かせコクもプラスしています。

サンスマイルの米粉カレールウ
メール便の場合、送料無料

詳細は⇒サンスマイルの米粉カレールウ

一個だけ買うのに便利です。
150gですから、8皿から10皿分くらいできると思います。

 

玄米米粉カレールウはさらに玄米の栄養も摂れコクが増す!

とろみを白米ではなく玄米でつけているんですね。

玄米で作る方がコクがあるし、栄養価が高く繊維質も多いのがいいですね?

ご飯と違って濃いのがイヤとも思わないのがカレーですから。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

美味しい玄米米粉カレー
価格:550円(税込、送料別) (2020/10/25時点)

楽天で購入

 

内容量:130g
原材料:植物性油脂(有機パーム油(コロンビア製造)、菜種油(国内製造)、米粉【玄米粉(玄米(宮崎県えびの市産))、黒米粉(国産)】、甜菜糖(北海道産)、カレー粉、食塩、酵母エキス、果汁(パイナップル、マンゴー、パパイヤ)、澱粉、(馬鈴薯(北海道産))、粉末トマト、有機ココア、ジンジャーパウダー

 

創健社の米粉カレールウの中辛

135gx6個セット

素材にこだわった米粉カレールウですが、酵母エキスは使用しています。

酵母エキスも添加物ですので完全無添加ではありません。

創健社の米粉でつくった本格カレールウは、新潟県産米粉を使った植物素材100%のカレールウです。
ラードや牛脂、動物性のブイヨン・エキスなど動物性原料は不使用。
25種類以上のスパイスを使用して仕上げた香り高くコクのある本格カレーです。6皿分。(中辛)

フレークタイプなので、ドライカレーやピラフ、野菜炒め、スープなどにも使いやすいです。

べに花油使用で化学調味料、酸味料、着色料、香料は使用されていません。

1袋135gで6皿分で中辛タイプ。
ヴィーガン(ビーガン)マクロビ対応。

■内容量:135g×6
■原材料:植物油脂[パーム油(マレーシア)、有機べに花油(アメリカ)]、米粉[米(新潟)]、砂糖(鹿児島)、カレー粉(インド他海外)、食塩(メキシコ)、馬鈴薯澱粉(北海道)、酵母エキス(国内他海外)、りんご果汁(国内産)、トマトパウダー(スペイン他海外)、香辛料(インド他海外)

135gX3個セット

価格的にお得なのは6個セットです。

 

米粉カレールウまとめ

栄養バランスの良い健康食のカレーライスにするには?

米粉カレールーを選ぶときのポイントは、

  • 国産原料が主で油の質がいいか?
  • 添加物が少ないか?
  • うま味調味料の酵母エキス使用か?

になると思うんですね。

さらによいのはスパイス以外は国産原料だけで、小麦も乳製品も使わず無添加のカレールウです。

カレールウは選ばなければ添加物と劣化した油脂だらけなんですね。

一見バランスの良いメニューであると思われているカレーライスはルウ選びがポイントです。

良いルウを選んで野菜たっぷりで作ればバランスの良い食べやすい優れたメニューになるのがカレーライスです。

劣化した肉系の脂やエキスがはいっているカレールウより、植物系の材料だけで作られたカレールウにお肉を入れたカレーの方が質が良いと思います。

米粉カレールウが体に良い理由とは?

米粉カレーとはトロミを小麦ではなく米粉にしたカレールウです

  • グルテンフリーでアレルギー体質によい
  • どなたにも体に軽く消化や解毒に負担が少ない
  • 劣化していない植物油を使い添加物が入っていない

これって大きなメリットですよね?
小麦食品を食べてトラブルは目に見えてなくても実は少しづつ体にデメリットが蓄積されているんです。

特に何らかのアレルギー体質がある場合、軽い花粉症、目のかゆみ、鼻づまり、皮膚が弱いなどの方に!

米粉カレールウに行きつく方はたぶん、小麦アレルギーでしょうか?わたしは動物性油脂を使わないカレールウってないのだろうか?が最初でした。

自然食品店で売っているのは、ほとんど肉は使っていませんと書かれていてもチキンエキスは使っているのがほとんどでした。

そこでサライの店舗などでベジタリアンのためのカレールウを知った時から小麦使用のベジカレールウを使っていたのです。その後、引っ越しサライのお店へは行けなくなって探していたら米粉カレールウに出会ったのです。

食べて初めに感じたのは野菜や植物原料だけなのがうれしいだけでなくとても軽い、と感じたのです。

この軽い!と感じたのは小麦よりも米粉の方が軽いだけでなく油脂が質の良いことも原因だと思いました。

さらに後で、アレルギーで肌荒れが起こった時に小麦のグルテンを減らしたいと思い、米粉の方がいいと知ったのです。

辛めがお好きな場合は野菜を炒める時、赤唐辛子を加えたり、ショウガを絞って加えたり、カレー粉を加えたりすると辛くなります。

甘みを加えたい時は、チャツネ、ジャム、リンゴやバナナを加えるといいですね。

健康的なのはプレマシャンティとサンスマイルの自然な味です。

酵母エキスなどが入っているとコクはありますが酵母エキスも添加物ですからね。

カレールウは、良質な植物油、ターメリック、カルダモン、ガラムマサラ、クローブで出来るし、米粉でトロミをつければいいだけなので自分でつくってもいいですね。

タイトルとURLをコピーしました