主食は精白しない穀物で米がいいのは周知の事実なのに!なぜ白米の人が多いのが不思議?!

日本人の主食は伝統食である米がいいというのは周知の事実。

それなのにパンばかり需要が伸びているのが残念過ぎる。

芸能人のマネをする人は多いけれど、寝かせ玄米や玄米食の人も多いのにそんなに真似ていない気がする。

今日もNHKのテレビで、糖尿病対策には、精白しない穀物を!と言っていた。

テレビはスポンサーがついているので自由にはしゃべれないと思うし、専門家の発言も健康に関しては半分は間違いだといわれるけれど。

結局自分で考え試し経過を見るしかないと思う。

わたしはその時基準にするのは、”それは自然か?”を目安にしている。

子供時代にあらゆる作物の成長を見て育ったので理解しやすい土台もあるし。

都会で働き消費者になって、書物でも学びあらゆる農法も理解した。

そして今は、まっとうな作物を作ってくれる人を応援しわたしもおいしく健康維持したいという考え。

それには良いお米や野菜、加工食品を買うことが応援になりわたしもおいしくて健康な体を維持できると考える。

 

主食を体に良いものに決めておくと食べ物問題の柱の一つが正される

穀物を精白するということは栄養素を炭水化物だけにして繊維質も減るのであまりにもったいない!です。

例えば玄米か3分搗き米にすると、栄養バランスがよく、繊維質も多い。

繊維質が多いと血糖値はゆっくり上がりゆっくり下がるしよく噛む。

よく噛むと少量でも満腹感を感じるし、歯も強くなる。

噛むことは健康への影響も大きいい。

栄養バランスがいいとお腹がすきにくく食べすぎも防ぎ太りにくい。

白米にすると栄養素は、ほぼ炭水化物だけになる。

玄米か分搗き米にすると、おかずは少しでもバランスよくなるので調理時間が短縮できて時間も増える。

といいことづくめなのです。

後は味、これは好き好きだけど慣れもある。

わたしは、玄米も3分搗きも白米もおいしいけれど、毎日食べるなら3分搗きか5分搗きが美味しいと思う。

白米は淡泊過ぎて味がもの足りない。

ランチに玄米のおにぎりならおにぎりだけでもおいしい!

でも、玄米は炊くのがすこしめんどう。

私は、簡単さと味と栄養を考えると、分搗き米になった。

3分搗きか5分搗きを浸水時間を長くし、土鍋で炊くと時間も短くておいしい。

玄米や白米は外食で食べる。

 

玄米や分搗き米のごはんと全粒粉の小麦のパンとの違い

では、小麦も全粒粉にしてパンにすれば、ごはんでなくてもパンでいいのでは?という人へ伝えたい。

それに小麦は国内ではあまり生産されていないし、輸入に頼ると防腐剤の問題もあります。

日本の農業の衰退へもつながります。

小麦は体を冷やすし、グルテンが腸の粘膜を傷つけ脳も傷つくということが知られてきました。

それにグルテンはちゃんと消化できないのです。

最近は皮膚科でも小麦のパン、麺類、お菓子を避けましょうという医師も増えました。

しかし、小麦が健康によくないことを知らない人は多すぎるのが残念です。

うどん、ラーメン、パスタ、パン、どれもたいてい精白した小麦粉で作られています。

日本人は、玄米か分搗き米、麺類は十割蕎麦を基本にするのがおすすめ!

しかもごはんのいいところは水だけで添加物がはいっていないこと。

パンには添加物以外にもからだによくない、乳製品のカゼイン、砂糖、ショートニングなどが入っています。

つまり良いご飯は、素材がいいだけでなく無添加食品なのです。

玄米の全粒粉のパンにしても無添加は少ないし、粉にしているので劣化も米粒より速いですし、噛む行為も減ります。

なので全国民に、ラーメンやパンはたまに食べる程度にし、生きるためのエネルギーや体を造る材料としては玄米か分搗き米にしてほしいな、と思います。

これだけで病院は少なくて済むし、医療費の国民負担も大幅に減りそのお金で教育やその他に当てられます。

もう一つの基本。

その土地にできるものがそこに住む人に一番合うという自然の摂理をわすれないでほしいです。

肥料も消毒もしない理想の自然農法のお米をご紹介しておきます。

自然農法のお米は高いですが、このお米はリーズナブルでおいしいです。

有機農法よりも自然農法のお米や野菜が理想的です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

送料無料 広島県産コシヒカリ 5kg5kg増量サービスで10kgお届け令和3年産 新米 1等米
価格:7215円(税込、送料無料) (2022/2/17時点)

楽天で購入

 

選べるのですが、3分搗きはやや白く5分搗きに近い感じですが白米に比べれば栄養価も圧倒的に差があります。

わたしはこの棚田のお米をリピートしています。

 

タイトルとURLをコピーしました