ぜんざいやおしるこは無添加で原料にこだわりたい!ですよね?

ぜんざい

ぜんざいやお汁粉っておいしいですよね?

わたしは不便な地方に住んでいるのでおしゃれなカフェもなくお取り寄せが楽しみです。

ぜんざいやお汁粉をお取り寄せする時に気をつけることは無添加。

お取り寄せはひと手間かかるのでスーパーにあるようなものは購入しません。

小豆はおいしくて体にいいので注意するのは砂糖の量だけです。

お砂糖の多い食べ物は週一程度にすればよし、というスタンスです。

ふだんは砂糖の多い、ジュース、ジャムなど食べないのでぜんざいやお汁粉がいちばんのご褒美おやつです。

 

北海道ぜんざいは原料にこだわって、しかも無添加がうれしい!

北海道ぜんざいは、北海道産小豆、支笏湖山系のおいしい水にこだわって作られています。

小豆、砂糖、塩以外は使っていない無添加。

1000円で4杯分っていうのがうれしいです。

お餅は入っていません。
わたしはパックされているお餅を常備しています。

他の商品もごらんになりたい場合は、
↓↓↓
カニ・鮭・メロン!どさんこ旬情報

おいしかったですがしっかり甘かったです。
一回目は湯せんで温めたのですが、
2回目はお玉一杯ほど水を加えて小さな土鍋にあけ、温めたら甘さがちょうどよかったです。

湯せんのときはお餅は焼いてのせたのですが、土鍋だとお餅も入れて煮ることができました。

 

国産雑穀しるこ

原料は、小豆、押し麦、赤米、黒米、はと麦、玄米、もち米。

小豆の他に7種類の国産雑穀を使用されていますのでお餅はなしでもいいと思います。

甘さ控えめに仕上げた国産原料100%のおしるこです。

雑穀好きの方には雑穀の繊維や栄養素もとれるのがいいですね。

都会に住んでいた時は、阪急の地下で食べる粟ぜんざいが好きでした。

ささげを炊いた水分のないぜんざいに蒸した粟おこわみたいなのがのっていました。

他の商品もご覧になりたい方は、
↓↓↓
みどり商店

 

玄米餅を常備しておくとぜんざいがいつでも食べられる

玄米餅は焼くだけで玄米食ができるので重宝しています。

食材一個でもバランスいい栄養がとれるので玄米食はいいのですがめんどうなので普段は5分搗き米か3分搗き米を食べています。

その代わりお餅は玄米餅を購入します。

手間はかからずおいしくて健康的なのはWメリットですから。

送料がかかるので2個か3個まとめ買いするといいですね。

封を開けたら半分を冷凍庫へ半分は冷蔵庫で保管します。

お腹が空いてもパンもない時にも便利です。

タイトルとURLをコピーしました